サポートポイント を含む記事

クロビニュース(16/8/2)

8月になりました。新情報もちょくちょく出てきましたので、まとめてみましょう。

☆公式情報(iOS)
RPボーナス曲変更
 月が替わりましたので、RPボーナスの対象曲も変更となりました。以下に対象曲のデータを記載します(曲データは緑wikiより、MASのLvのみ記載)。
曲名 MAS
Dirty Mouth 59
DIAMOND SKIN 33
Wanyo Wanyo 56
誘惑 43
ギミチョコ!! 70
Lv合計は264(先月比+7)と久々に260台に乗りました。半年ぶりにすべて常時解禁可能な曲のみになったのもよいところですね。そんな訳で、今月は目標RP到達のチャンスです。お盆休み等もある方も多いはずですので、是非ともものにしていきたいところです。

第36回アンロックチャレンジ祭(SUPER)
ULC_SP
開催期間:前半 ~8/4 27:59(あと2日) / 後半 8/5 4:00~8/7 27:59
主な交換アイテム
Reuniverse(?spt / 1・2回目 / 全)
tokyo(45,000spt / 2回目 / 前)

VOICE OF HOUSE (96TH RETROMAN REMIX) (?spt / 1回目 / 後)

 前回のアンチャレ祭はSUPERだったわけですが、なんと今回もSUPERです。公式サイトにも書いてある通りこのようなことはクロビ史上初です。この機会にsptを大量に稼いでおくと何かと楽かもしれませんね。少なくともReuniverseとtokyoは(ランセレ祭を除くと)今回が獲得できる最後の機会となります。交換はお早めに。

SUMMERキャンペーン2015 7日間限定復活
summer2015_2
開催期間:~8/7 27:59(あと5日)
攻略情報:赤wiki 2014年分 / 2015年分

リンクエナジーセットG/DX / サポートポイントセットG/DX
g_dx2

sale_spt
開催期間:~8/7 27:59(あと5日)
840cbでプレチケ140枚+LE1,800
2,100Cbでプレチケ350枚+LE7000
840cbでプレチケ140枚+2,000spt
2,100Cbでプレチケ350枚+6.500spt

 よくわからないタイミングでLEセットG/DXが、アンチャレ祭SUPERに合わせてsptセットG/DXが販売され始めました。アンチャレ祭中なのでsptは需要があるかと思います。リアルマネーだけで曲の交換をするのは割高な気がしますが、ある程度活用して確実に確保できるようにするための手段としては優秀です。LEの方はなぜ販売されているのかがよくわかりません。おまけに840Cbのものについてはsptセットの方がお得です(1,000spt→1,000LEに変換可能なため)。とはいえないよりはあったほうがいいものですし、必要があれば購入するといいでしょう。

Ver.1.14.00へのアップデート
開催期間:8月下旬~9月(予定)
 この間曲関連のアプデがありましたが、今度は対応OSや端末に関するアプデが入るようです。長い間対応がされていなかったiOS9への対応が行われる関係か、一部OSや端末が動作保証から外れるのと同時に新たに追加されるようです。ちなみに、内訳は以下の通りです。
  • アプデにより保証対象外になる
    • iOS6系
    • iPhone 4S
    • iPod Touch(第5世代)
    • iPad2
    • iPad mini(第1世代)
  • アプデにより保証対象になる
    • iOS9系(iOS9.3.3まで)
    • iPhone 6s/6s Plus
    • iPhone SE
    • iPad mini4
    • iPad Pro(9.7/12.9)
    • iPod Touch(第6世代)
今までiOS版が動作していた端末の中でも古い or スペックが低いものが対象外になっています。iOS9そのものに対応している端末であっても対象外になっているので注意が必要です。現在対象外になる予定の機種をお使いの方はもちろんのこと、iOS版をプレイするために中古等で古い端末を安く仕入れようとしている方なんかも注意が必要です。
☆公式情報(REV.)
Phase:03 REMNANT
remnant_banner
開催期間:~8/4(あと2日)
主な報酬
観賞用マーメイド / ヤマイ(シート1枚目/21個)
パートナー「紅刃のカナタ」(シート4枚目/84個)


REV. 稼働1周年記念キャンペーン
1year_CP_banner
開催期間:~8/6(あと4日)

GROOVE COASTER3 LINK FEVERとのコラボ(第1弾 / 第2弾)
groove3_2_banner

第3弾:8月 / 第4弾:9月

太鼓の達人 レッドVerとのコラボ移植
taiko_rev_banner
開催日時:後半 8/3

WIXOSSコラボレーションイベント
WIXOSS_event_banner
開催期間:8/5~9/15
主な報酬
パートナー「タマ」

 WIXOSSの新弾(WX-14)に暁月と燦のコラボカードが収録されるという話は当サイトでも取り上げましたが、今度はREV.サイドからの話です。大雑把に言えばいつものスタンプ累積イベント+αという感じです。
 まず、スタンプ累積によって称号5つ・アイコン3つの他に、パートナーキャラとしてWIXOSSの看板キャラというべきキャラである「タマ」が解禁できます。ちなみに、タマには公式曰く「専用のキャラクターボイスがございません」とのことですが、CVの記述もないことから単にボイスなしのキャラであると考えてよいでしょう。ボイスなしだと何となく盛り上がりに欠ける気もしますが、ボイススキップの手間を省けるということで限られたケースであれば有用になる可能性があります。あと、スタンプ累積イベ恒例ですが、1000位以内での限定称号もあります。
 次に+αの部分です。イベント対象曲をプレイするたびに、コラボカードが入っているブースター「WX-14 サクシードセレクター」のBOX(20パック入り)1つを10名、コラボカードである「暁月」「燦」を各5名がもらえるプレゼントの抽選権が得られます。個人的に計算した感じでは概ね1BOX買えばコラボカードのどちらかは引き当てられるという感じでした。BOXで夢を見るか、直接コラボカードを狙うか…抽選に当たるものと仮定した場合ですと、直の方が確実ではありますね。ただし、コラボカード単品の方は絵柄を見たところレアリティの中でもレア度が高いシークレットのものではなく、レアリティが低いレアのカードのようです。
 なお、スタンプボーナス&キャンペーン応募対象曲はkilly killy JOKERだけです。つまり、ランキング上位を狙うにしろ、抽選でカードを引き当てるにしろ、ひたすら同じ曲をやり続けるという展開になるわけですが…。

☆非公式情報
クロビラジオ第20回放送
配信予定日:8月

第3回愛知REV会
開催日時:8/6

※サークルd.a.pによる暁月本(R-18)頒布
開催日時:8/13(C90 2日目) 東4ホール ラ27b

クロスビーツ勢の集い in 岩手
開催日時:8/20

夏だ!海だ!道民ビーツオフ!-Sun(3)drop-
開催日時8/27 13:00

第7回神奈川REVオフ
開催日時:8月中旬(詳細未定)

第二回 大阪ビーツオフ
開催日時:未定(10/8~10/10のいずれか予定)

和歌山REV.&ビーツオフ
開催日時:未定

松戸でREV.オフ会しよう(仮)
開催日時:未定

 個人的なことの報告として、今月からちょいと仕事が忙しくなりそうですが、当サイトの更新頻度的にはあまり影響はないはずです。
 公式のものが結構出てきた関係か、非公式関係は小休止といった感じでしょうか(オフ会の開催は除く)。その公式関係も多少はゆったりとしていられる期間のようですし、普段やれていないことを進めるのもよさそうです。

クロビニュース(15/11/7)

 さて、そろそろ新情報もたまってきたことですし、いろいろと更新していきます。
追記:一部情報を書き忘れていたので追加しました。
☆公式情報
第27回アンロックチャレンジ祭
ulc_27
開催期間:~11/8 27:59(あと1日)
主な交換アイテム
Omniverse(45000spt? / 1回目)
Nu Heat(30000spt / 2回目)


サポートポイントセットG/DX
sale_spt
開催期間:~11/8 27:59(あと1日)
840Cbでプレチケ140枚+2000spt
2100Cbでプレチケ350枚+6500spt

 緑wikiによりますと約1年半ぶりのsptセットG/DXです。久々…を通り越して、「存在すら忘れていた」とか「もう販売しないものだと思っていた」という方も少なくないのではないでしょうか。ちなみに、spt獲得目的でいえば、G(840Cbの方)が1Cbあたり約2.38spt、DX(2100Cbの方)が同じく約3.10sptとなります。今回このセールが入ってきたのはRPボーナスにImpactが来た上にULC祭の頻度が高めであることからsptの需要が高くなったと判断されたからではないでしょうか。実際ここの所sptの獲得が追い付かないという方もいらっしゃると思うので、検討してみてはどうでしょうか。sptが0の状態でも、16,800円ほどあればImpactが買えますよ。

HALLOWEENキャンペーンリバイバル / 2014
HALLOWEEN2015
開催期間:~11/29 27:59
攻略情報:赤wiki 2014年 / 2015年

第3回個人対抗戦 RISING STAR ARTISTS 第1弾
RISING_STAR_ARTISTS_1
開催期間:11/10 15:00~11/18 24:59(詳細は下記参照)
Sec1 11/10 15:00~11/12 24:59
Sec2 11/13 15:00~11/15 24:59
Sec3 11/16 15:00~11/18 24:59
主な報酬
Virtual Reality Controller / フラット3rd(2勝以上 or 累積500万)
Timeless encode / Vice Principal(累積50万)
ゲームスキン「スペースタイムギャラリー」(1000位以内 or 2000位までのキリ番)

 祭だメンテだでなかなか来なかったイベントですが、ようやく登場のようです。しかも久々の累積個人戦です。しかも例のごとくSec2に弾丸と星空 / HAKKYOU-KUNが先行出現しております。なお、Virtual Reality Controllerについてですが、3勝時は全譜面アンロック状態で獲得できますが、2勝時は全譜面ロック状態に加えて2週遅れでの獲得となります。500万稼げは即座に獲得できます(全譜面ロック状態)けどね。ちなみに、単純な効率面でいえばSec1はGARNET HOWL、Sec2は弾丸と星空次第ではありますが、それ以外ではMake It Fresh EDM ver.、Sec3は現実幻覚スピードスターとなります。えらくSec2だけ効率が悪い気もしますが…弾丸と星空がそこそこの効率なのでしょう、きっと。
☆公式情報(REV.)
RISING PURPLE
http://livedoor.blogcms.jp/blog/qwer1232-cross_beats_league/article/edit?id=47250021rising_purple_banner
開催期間:~11/10(あと3日)
主な獲得アイテム
SOMEDAY -00.prologue-(スタンプ105個/シート5枚目ラストで獲得)


※「ウタカタ・オーバードライブ」関連曲が収録?
 ゲーム系ニュースサイト(リンク先はGamerのもの)で明らかになったものの、公式からはろくに情報が出ていなかったものです。マルチメディアプロジェクトと称される「ウタカタ・オーバードライブ」なるものが16年以降動いていくようですが、早くもREV.との連動が決定とのことです。そもそもこのプロジェクト、発表されたばかりでどのようなことをやっていくのかが不明なためどういう動きをするのかが見当がつかないのですが、プロジェクトに音楽の要素が高めにかかわるのであれば、REV.に関連することとなると連曲の収録であろうと思われます。
☆非公式情報
クロビラジオ第17回放送
配信予定日:11月中旬~11月下旬

cbRev宇宙杯
開催期間:~11/8(あと1日)

京都REV.交流会
開催日時:11/8 14:00(あと1日)

【またやるよ】第3回ラ祭ハマヨコREV
開催日時:11/22 11:30
【12月下旬】第4回ランセレ祭ハマヨコREVオフ【年末とか】
開催日時:12/27 11:30

クロスビーツRev第2回交流会(チャリオット成田)
開催日時:11/21 19:00(受付は18:00)

#音ゲーマー達の発信所 Advent Calendar 2015(1枚目/2枚目)
開催日時12/1~12/25
 昨年(1枠目/2枠目/3枠目/4枠目)も「#音ゲーマーたちの発信所」という情報発信系の交流会的なものがあったのですが、なんだかんだで当サイトでは取り上げずじまいでした。昨年もクロビ関連の話がちらほらありましたね。今年は無事に捕捉いたしました。実は、この中の人ことstaatも今回参加させていただきます。ちなみに参加するのは1枚目の12/8分で、取り上げる内容はiOS版の累積イベの走り方についてです。実は記事自体はもう書き上げて予約投稿済みなのですが、詳細はアドベントカレンダーだけに当日までのお楽しみということで。よろしくお願いします。

REV.交流会(セガワールド布施)
開催日時:12/6 13:30

横浜クロスビーツオフ
開催日時:12月下旬(未定)

道民ビーツマン年忘REV.の会
開催日時:12/27 or 12/28(予定)

※C89クロビ関連本
d.a.p 2日目 東2 Y-35b(R-18のKANATA本)
イノベーション王国出版 2日目 東2 Y-40b(まとめ本3)
 今回はiOS版についていろいろと情報が出てきた感じです…若干更新をさぼっていたのもあるのですが。それに対して意外にもREV.の情報は控えめです。ボーカルオーディションの1次選考通過者が出たなんて話がtwitter上にはありましたが、公式側からの発表ではありませんし。そういえば、iOS版の2周年記念まで1ヶ月を切っております。リニューアルの話も以前出てましたが、何らかのイベントをやるとみて間違いないでしょう。連動企画の可能性も否定はできませんね。どうなることやら…。

主にクロビtwitter界隈でよく使われる謎な単語の簡単な解説(第2版)

 結構前の記事になりますが「主にクロビtwitter界隈でよく使われる謎な単語の簡単な解説」という記事をアップしてから、当サイトに謎単語系の検索によるアクセスが常にある程度あります。前の記事から半年以上経過してますし、そろそろ改定・増強が必要であると判断したため、ここにそれを残そうと思います。多少は分類分けをしましたが、前回同様順不同です。
15/6/27 若干内容を修正・増強しました。
☆公式関連
※プレチケ
 プレミアムチケットの事。クロビにおける主な課金要素であり、他のいわゆる"基本無料ゲー"における課金アイテムとは価値が大幅に異なる。基本的には1枚=6Crossbit(=6円)である。ちなみに、自然回復する方のチケットは正式にはプレイチケットというものなのだが、こちらをプレチケということはほとんどない。

※LE
 リンクエナジーの事。シェアソングをプレーするときに消費するアレ。主な獲得手段はログインボーナス・フレンドに自分のシェアソングをプレーしてもらう・イベントやミッションの報酬など。

※spt
 サポートポイントの事。曲とかスキンとかを交換するために使うアレ。主な獲得手段はログインボーナス・フレンドのアンロックチャレンジのサポート・イベントやミッションの報酬など。

※ULT
 ULTIMATE MODEでプレー・クリアしたことを指す。プレーするときとクリアしたことでは意味合いが異なるが、文脈で判断する方が良いだろう。強烈すぎるゲージの仕様は音ゲー界隈でも(ライフ制や1ミス即死を除けば)あまり例を見ないほどの厳しさである。

※ULC
 アンロックチャレンジ(アンチャレ)の事。鍵を開けるアレ。

※祭
 単に祭とのみ書いてある場合はランダムセレクト祭(ランセレ祭、ラ)を指す。アンチャレ祭の場合もあるが、こちらは祭と省略されることはあまりない。

※青鍵
 通常のアンロックチャレンジの事。公式では水色の扱い。ランセレ祭のときに見かけるとがっかりすること多し。

※緑鍵
 ランセレ祭の時のみに発生する未所持アンチャレ(ONE-CHANCE)の事。出てくればうれしいのは確かだが、そのアンチャレ中にアンロックしないと曲が獲得できないため必死にアンロックするハメになる。

※黄鍵
 ランセレ祭の時のみに発生する未所持アンチャレ(NEW MUSIC)の事。出てくればうれしいうえに、発生した時点で曲を獲得できる。ちなみに黄鍵と緑鍵のどちらが出るかは曲によって固定であり、ランセレ祭限定曲の未所持アンチャレは必ず黄鍵で登場する。

※REV
 クロスビーツのAC版である「crossbeats REV.」の事。iOS版と区別するためにこの呼称をするクロビプレーヤーは多いが、逆にクロビをやらない音ゲーマーからはiOSもAC版も「クロスビーツ」としか書かない傾向があるため、混乱を招くこともしばしば。

※KANATA
 iOS版のクロビの方のマスコットキャラクター。黒と緑を基調とした背中ががら空きの服とツインテールが特徴。あまりに人気なためLobiのチャットでクロビプレーヤー用にスタンプが大量に配布された。

※AKATSUKI(キャラ)
 REVの方のマスコットキャラクター。えらくひらひらした服と紫色の髪が特徴。こちらもKANATAと負けず劣らず人気なようである。

☆曲関係
※リミ
 曲名の後ろにつける形で、その曲のリミックス曲の事を指す(例:サンドロリミ→sundrop (remix ver.)の事)。なお、Remixという単語がなくてもリミックス曲であれば○○リミと書かれる傾向がある。

※トイレ
 Lovelessの事。曲中の声が「トイレの個室から聞こえる声(んああ…)」と表現されたことに由来。後日作曲者であるYOSA氏にこの発言が届くこととなり、前述の表現をした者が粛清されることとなった。

※皿うどん
 HEADPHONE PARTYの事。由来は空耳で、「サラウンド」が「皿うどん」に聞こえるところから。プレビューの最後の方で聞くこともできる。

※目薬
 Z[i]の事。似たような名前の目薬があることから。

※ボケナス
 Vesperoの事。由来は空耳で、「溶け出す」が「ボケナス」に聞こえるところから。プレビューの初っ端から聞くことができ、作詞者及び歌唱者がそれを認めてしまったという珍事も。

※クリス松村
 Crisscrosserの事。初めの数音があっているだけというある意味どうしようもない俗称である。

☆その他
※158.0
 everKrackのBPM。なぜかことあるごとに引き合いに出される数字。

※63217520
 覚醒ミラが叩きだしたチートスコアの事。あまりにもぶっ飛んだ数字だったためネタにされ続けるハメになる。ちなみに覚え方としては「4桁ずつに区切り、6=3+2+1と7=5+2+0としてそれぞれの区切りの中にある数字を覚えて、降順に4桁ずつ並べる」問うものが考案されている。

※G's(プレーヤー)
 GLAYとも呼ばれる。非公式イベントにて結成されたとある4人のランカーによるグループ。スコアタイベのランキングでガチで1桁をとれる人たちが集まっているため、尋常じゃないスコア力を誇る。非公式イベ等でちょくちょく見かける存在…だったが、非公式イベの衰退に合わせて見かけなくなった。

※μ's(プレーヤー)
 非公式イベントにて結成されたとある9人によるグループ。平均的なスコア力では前述のG'sには劣るが、それでも十分にイベント上位を狙える上にスコア以外の特技を持つプレーヤーもいる。こちらも非公式イベ等でちょくちょく見かける存在…だったが、非公式イベの衰退に合わせて見かけなくなった。

※YOSA
 Lovelessのアーティストの事…でもあるのだが、ローマ字で読むと「よさ」とも読めるため、良いなどの肯定的な意味で使われることもある。

※メガネハッカーズ
 Flawlessアタックにて、突如不正なスコアを記録したプレーヤーの事。累積イベでもあるなか運営から制裁をされることになる。同じチートプレーヤーである覚醒ミラと比べると知名度が圧倒的に低く、ネタにもなりきれていない中途半端な存在である。

※覚醒ミラ
 きゃりーぱみゅぱみゅフェスティバルにて、スコアタイベントにもかかわらず明らかに不正なスコアを記録したプレーヤーの事。当然 運営から制裁されることになるが、問題はそこから。そのインパクトがありすぎる数字からチートプレーヤーの事を指すようになり、異常に大きい数字の引き合 いに出されるなど扱いが完全にネタ寄りに。ついには公式側までネタとして扱おうとした(没になったそうだが)。

※ゴモ
 元々はA×E×U×G -act.1-のMASをフルコンしたプレーヤーの事を指すが、今ではそれに準じて上手い人(≒ランカー)を指すことも多い。そこから発展して単にすごい人の事を指すことも。ちなみにゴモの由来ゴリラとホモを掛け合わせたというのが通説。女性がホモ→ゴモはおかしいのではという指摘もあるが、どうせゴモはゴモである。

※ヤクザ
 主に累積イベントのトップランカーの事を指すが、その前につく単語によって意味が多少異なる。累積ヤクザだと累積イベントのトップランカー全般もしくは累積イベントの種類や課題曲を問わないランカーの事となり、曲名が付いたヤクザの場合はその曲のみで累積イベントの上位に上り詰めるランカーの事となる。後者をまとめて単曲ヤクザと呼称することも。なお、累積イベントと全く関係のない形でヤクザと表現することもあるが、この場合はゴモの「すごい人」と同じような意味である。もちろん実在のそう呼称される方々とは一切関係がない。

※GLAY / HISASHI / 楽しいね(判定)
 それぞれSuper、Cool、Fast2/Slow2及びFailの事を指す。GLAYは音ゲーでよく"一番いい判定ではないが、そこそこいい判定" の事をGreatと表現することが多いのでそこからの派生。HISASHIはCoolな男だから。楽しいねは非公式イベントのtwicas配信中にノリで 決められたものである(弐寺のBPのような意味である)。

※オーイエ
 everKrackの歌詞(というか最初の掛け声?)が元。大体挨拶とか肯定とかの意味で使われる。

※おはYO
 朝や起床時の挨拶。あるランカーのtwitterのbioにそう書いてあったのが元。一緒によく出される鳥のキャラはナネットさんという(詳細は用語俗語wikiへ)

※ムオ
 元々はあるランカーがクロスビーツをプレー中に驚いて発した発言。感嘆詞的なものなのだが、そのよくわからない表現からその人へ「ムオってなんですか」と質問したところ「ムオはムオですね~」と返ってきたため意味不明な単語という扱いである。

※謎アプリ
 クロビ界隈でちょくちょく発見されるよくわからないゲーム系アプリの事。いわゆるスマホアプリだとメジャーどころであっても「数字」とか「カエルとばし」等々謎の略称がつけられる事も。クロビ界隈は人海戦術と謎スキルによって人気シリーズの最新作・発表されたばかりのエロゲ・需要不明の謎アプリに至るまで、ゲーム関係では異様な幅の広さを誇る。

 前回同様、「この単語解説してほしい」というのがありましたらリクエストも受け付けております。まあ、俺がわからない場合はどうしようもないですが。逆に「この単語加えてほしい」というリクエストも受け付けております。どちらもコメント欄からお願いします。

通常チケットを使った疑似錬金について

ULTIMATE BEATS 第2弾の報酬情報やアンチャレ祭の情報等々クロビニュース的にもまとめたいものがあるのですが、ちょっと後回しにしてアンチャレ祭に活用できそうな情報をお届けしたいと思います。上級者の方ならご存知の方も多いと思いますが、初心者から上級者まですべての方向けです。需要があるかは知らん。

☆錬金とは
 まずは錬金についての説明が必要かと思うので、そこから始めます。錬金の意味自体はいろいろと書けそうな内容なのですが、クロビ界隈的には一般的にサポートポイント(spt)をプレミアムチケット(プレチケ)に変換する機能を使ってプレチケを無理やり確保するということを指します。ちなみに変換できる場所はUNLOCK CHALLENGE画面内の右上にあるボタンからです。そこには4500sptでプレチケ12枚に変換できることが書いてあるかと思います。この機能とアンロックチャレンジ(ULC)をうまく使えば、理論上はプレーをしまくる(=プレチケを使いまくる)にもかかわらず結果的にプレチケの枚数が増加するというすごいことができます。
 ULCで稼いだsptをプレチケに変換するのはいいのですが、問題はその稼ぐ量。単純計算でプレチケ1枚あたり375spt以上稼がなければ(錬金の観点でいえば)損をしてしまうことになります。1プレー(5枚)でいえば1875spt稼がなければならないのですが、アンチャレ祭を加味しても相当な実力が必要になります。

☆疑似錬金とは
 これは個人的に思いついた内容なので、ここで初めて使われる呼称になると思います。疑似錬金とは通常チケット(通常チケ)を用いて疑似的に錬金状態にする、という感じになります。実力の差をタダで手に入る通常チケで補おうという作戦です。今回計算したのは5枚でプレーできる曲を3回プレーした場合及び5枚でプレーできる曲を2回プレーした場合に稼ぎがトントンとなるspt量についてです。4回以上プレーした場合だと通常チケの割合が減り、その分実力が必要になるため載せておりません。

※3回プレーの場合
 3回プレーでは必ずプレチケを使わざるを得ない状態になります。
通常チケ枚数プレチケ枚数必要spt(3回プレー)必要なspt(1枚)必要なspt(1プレー)
1051875125.0625.0
962250150.0750.0
872625175.0875.0
783000200.01000.0
693375225.01125.0
5103750250.01250.0
4114125275.01375.0
3124500300.01500.0
2134875325.01625.0
1145250350.01750.0
0155625375.01875.0

※2回プレーの場合
 こちらはプレチケ消費0枚の可能性(理論上ちょっとでも稼げば疑似錬金成立)があるのですが、参考例として載せておきます。
通常チケ枚数プレチケ枚数必要spt(2回プレー)必要なspt(1枚)必要なspt(1プレー)
10000.00.0
9137537.5187.5
8275075.0375.0
731125112.5562.5
641500150.0750.0
551875187.5937.5
462250225.01125.0
372625262.51312.5
283000300.01500.0
193375337.51687.5
0103750375.01875.0

 使い方としては左端の列で使う通常チケの枚数をチェックし、右端の列で稼ぐべきsptを把握してULCのサポートをするという感じです。
 どちらも非常にざっくりとした表になりますが、通常チケを1枚も使わなかった時の結果が一致かつ通常の計算とも一致しており、1枚当たりに稼ぎたいsptと1プレーあたりに稼ぎたいsptについても特に問題のなさそうな計算結果が出ました。この表を見ながら通常チケ枚数と稼げるsptとで相談しながらプレーしていけば、通常の錬金よりも多くの方が錬金に類することができるようになるでしょう。やや見づらい感じもしないではないのですが、細かなデータも載せておいた方がいいかなということでこのままにしました。

 使い勝手よりもデータを優先した表にはなりますが、このデータを駆使すれば錬金行為に手を出しやすくなると思います。ぜひご活用ください。

主にクロビtwitter界隈でよく使われる謎な単語の簡単な解説

15/6/20追記
増強改訂版が出ました。今から読むならこちらをお勧めします。


 先日、こんな話がtwitter上にありました。
実はすでに用語・俗語wikiがあったりクロスビーツブログでまとめがあったりするのですが、どちらもあまり更新されていないので「ここでちょっと簡単な説明でもして敷居の高さを少しでも減らせたら…」ということでざっくり説明します。なお、並べ替えるのが面倒なので順不同です。また、上記2つのサイトも参考にしております。

☆158.0
 everKrackのBPM。なぜかことあるごとに引き合いに出される数字。

☆GLAY(プレーヤー)
 G'sとも呼ばれる。非公式イベントにて結成されたとある4人のランカーによるグループ。スコアタイベのランキングでガチで1桁をとれる人たちが集まっているため、尋常じゃないスコア力を誇る。非公式イベ等でちょくちょく見かける存在。

☆GLAY / HISASHI / 楽しいね
 それぞれSuper、Cool、Fast2/Slow2及びFailの事を指す。GLAYは音ゲーでよく"一番いい判定ではないが、そこそこいい判定"の事をGreatと表現することが多いのでそこからの派生。HISASHIはCoolな男だから。楽しいねは非公式イベントのtwicas配信中にノリで決められたものである(弐寺のBPのような意味である)。

☆LE
 リンクエナジーの事。シェアソングをプレーするときに消費するアレ。主な獲得手段はログインボーナス・フレンドに自分のシェアソングをプレーしてもらう・イベントやミッションの報酬など。

☆μ's(プレーヤー)
 非公式イベントにて結成されたとある9人によるグループ。平均的なスコア力では前述のG'sには劣るが、それでも十分にイベント上位を狙える上にスコア以外の特技を持つプレーヤーもいる。こちらも非公式イベ等でちょくちょく見かける存在。

☆spt
 サポートポイントの事。曲とかスキンとかを交換するために使うアレ。主な獲得手段はログインボーナス・フレンドのアンロックチャレンジのサポート・イベントやミッションの報酬など。

☆ULC
 アンロックチャレンジ(アンチャレ)の事。鍵を開けるアレ。

☆YOSA
 Lovelessのアーティストの事…でもあるのだが、ローマ字で読むと「よさ」とも読めるため、良いなどの肯定的な意味で使われることもある。

☆オーイエ
 everKrackの歌詞(というか最初の掛け声?)が元。大体挨拶とか肯定とかの意味で使われる。

☆おはYO
 朝や起床時の挨拶。あるランカーのtwitterのbioにそう書いてあったのが元。一緒によく出される鳥のキャラはナネットさんという(詳細は用語俗語wikiへ)

☆覚醒ミラ
 きゃりーぱみゅぱみゅフェスティバルにて、スコアタイベントにもかかわらず63217520という明らかに不正なスコアを記録したプレーヤーの事。当然運営から制裁されることになるが、問題はそこから。そのインパクトがありすぎる数字からチートプレーヤーの事を指すようになり、異常に大きい数字の引き合いに出されるなど扱いが完全にネタ寄りに。ついには公式側までネタとして扱おうとした(没になったそうだが)。

☆クリス松村
 Crisscrosserの事。MIDSUMMER杯Sec1課題曲にして第8回ランセレ祭追加曲のNo.100な曲。

☆ゴモ
 元々はA×E×U×G -act.1-のMASをフルコンしたプレーヤーの事を指すが、今ではそれに準じて上手い人(≒ランカー)を指すことも多い。ちなみにゴモの由来がわからないという方も多いと思うが、ゴリラとホモを掛け合わせた単語である。世の中知らない方がいい知識もあるのだ。

☆トイレ
 Lovelessの事。曲中の声が「トイレの個室から聞こえる声(んああ…)」と表現されたことに由来。後日作曲者であるYOSA氏にこの発言が届くこととなり、前述の表現をした者が粛清されることとなった。

☆祭
 単に祭とのみ書いてある場合はランダムセレクト祭(ランセレ祭、ラ)を指す。アンチャレ祭の場合もあるが、こちらは祭と省略されることはあまりない。

☆ムオ
 元々はあるランカーがクロスビーツをプレー中に驚いて発した発言。感嘆詞的なものなのだが、そのよくわからない表現からその人へ「ムオってなんですか」と質問したところ「ムオはムオですね~」と返ってきたため意味不明な単語という扱いである。

☆目薬
 Z[i]の事。似たような名前の目薬があることから。

 今後もちょくちょく追加したり足していったりするかもしれません。また「この単語解説してほしい」というのがありましたらリクエストも受け付けております。まあ俺がわからない場合もありますが…。以下はこちらで調べても詳細がよくわからなかった単語です。情報募集中です。
  • 靴下
    ブレダン2ndの空耳らしい? 後で聞きこんできます。
記事検索
メッセージ