雑記

クロビ関連本レビュー 「RP2000を目指す本」

 本日秋葉原に繰り出してちょっくら買ってきましたはるく(@radio613)さん主催のサークルslappin' beatsによる「RP2000を目指す本」。一通り読み終えたので買ってない方向けにレビューをしてみようかと思います。先に書いておくと結構面白いですよこれ。

☆購入手段
 まず多くの人が躓きそうなのが購入方法。この本は商業誌ではなく同人誌なので買える店舗が限られています。元々はC87で頒布されていたものなのですが、わかりやすいのはネット通販ですね。現在はCOMIC ZINというサイトで販売しております(リンク先が直接本のページになっております)。また、COMIC ZINは新宿と秋葉原に実店舗をかまえてまして、そちらでも購入可能です。
新宿店は上記のとおりだそうで、秋葉原店はこちらで確認したところ2Fに平積みされておりました(話はそれますがslappin' beatsの既刊はなぜか18禁エリアのはずの3Fにあったり)。それ以外の入手手段はほぼないですが、本の性質上これでも十分に展開されているとみるべきです。ちなみに現時点での価格は税込で756円とそこそこ安価です。

☆本の概要
 さて、ここからは内容について簡単に触れていこうかと思います。50ページ超の内、10ページ前後がクロスビーツのゲームの概要やプレチケ節約法、RP2000を狙うための理論的な話、音ゲーとしてのクロスビーツの利点等がまとめられております。
 他のページは基本的に単曲攻略です。攻略は(RP2000狙いの関係もあって)全曲MAS譜面の解説となっており、曲全体の注意点や厄介なポイントに対するピンポイント攻略がメインです。解説がある曲は基本的に11/12にRP2000~2010の方の対象曲で使用率が高い曲から選ばれているようです。ちなみに1曲あたりのページ配分は半ページから2ページほど。2ページ割かれている曲ではプレチケ節約法で触れられているリトライポイントが掲載されていて、RP上げ中にリトライしたくなった時に参考にしやすくなっております。

☆感想
 自分はすでにRP2000を超えている側のプレーヤーではあるのですが、結構参考になる部分が多いと感じました。特にフリック関係の情報はかなり細かく説明があるので、ランカークラスの方でも一見の価値はあるかと思います。単曲攻略も2ページ割かれている曲では、ピンポイント解説がメインとはいえ少ないスペースにもかかわらず丁寧な解説になっていると思います。また、この本はどちらかといえばすでにクロビプレーヤーな人向けな内容がメインではあるものの、まだクロビをやっていない方でもすんなり入り込めるように、クロビtwitter界隈でありがちな単語等は全くと言っていいほど出ていません(錬金とかがあるくらい)。そういう意味では初心者が読んでも大丈夫な一冊だと思います。
 もちろん難点もあります。前述の使用率が50%を超える曲であっても解説がない曲があったり(ジャイキリ、電脳少女辺りは仕方ないかと思いますが、サンドロは1ページでもあってもよかった気が)、祭曲を前提にするのは難しいところではありますが、祭曲で使用率トップのGrand Arcの解説がないのもちょっと不満。YUKARIもさすがに半ページの解説はさすがに厳しい気もします。また、全ページ白黒印刷なのですが、譜面解説用のゲームスキンがTHE BLACKなせいか全体的に黒くなりすぎている印象があります。人が作るものなのでミスはつきものですが、乱丁(本来p11の後ろにp5の内容が来るはず)や誤植(Superが全部Greatになっている)も気になりますね。特に乱丁の方はフリック絡みのいいところだけに残念です。
 トータルで見れば上位クラスのランカーでもなければ値段分以上の価値は間違いなくあります。全体的にクロビ関連の読み物としてはなかなかのボリュームであり、実用的な譜面解説がある「音ゲーの攻略本」として素晴らしい内容だと思います。間違いなく一読の価値ありの本となっております。同人誌という性質上、一度売り切れてしまうと購入は難しくなります。比較的安価ですので手にする機会があればぜひ購入をした方が良いでしょう。

クロビニュース(15/1/3)号外 1/4だけでエアリアルを獲得する方法

 WINTERキャンペーン終了まで残りわずか。そんな中強引にわずか1日でこのキャンペーン限定の曲「エアリアル」を獲得するための方法をまとめてみました。クロスビーツを1/4からやるというあなたでも大丈夫。音ゲーが得意な方ならお金もかけずに取ることだってできるかもしれません。元々は本日付のクロビニュースの一記事として取り扱う予定だったのですが、分量がかなり多くなってしまうので、号外として別記事で取り上げます。この記事を読んで攻略を実際に進める場合は、必ず一度最後まで目を通しておくと無駄がないようになっています。ちょくちょく読みながら進めると無駄になる部分もあるので注意してください。

☆0. はじめに情報から
 WINTERキャンペーン(2013)にある限定ミッションにて獲得可能なエアリアル。攻略しなければならないミッションは5つあり「さすがに1日で獲得は難しいか」となるかと思うのですが、実は1日で獲得可能です。さらに音ゲーの地力・実力があることを前提としてしまいますが、理論上おそらく課金しなくてもエアリアルは獲得できます。とりあえずここでは以下の前提で話を進めようと思います。すでにクロスビーツをプレーされている方なら曲の所持状況や譜面のロック状況的には有利になりますが、プレチケ関係は不利になります。
  • 完全新規データ(仮に1/4からクロスビーツを始める人でもOK。
  • ミッションは一切手を付けていない状態(新規データなので当然ですが)。
  • 文字通り1/4限定。今日(1/3)も使っても構いませんが、ここではあくまで1/4のみで終わらせます。
  • プレチケの消費をためらわない、可能であればプレチケの購入は行わない
    一応音ゲーがそれなりに上手い人向けの解説と、音ゲー初心者の方向けの解説の両方を入れますが、後者についてはプレチケの購入が必要な場合も考えられます。
 さて、ひとまずエアリアルを獲得するためにこなさなければならないミッション(101-1~101-5)で攻略に必要な曲を確認しましょう。条件はいずれも"指定された曲を1曲クリア"のみです。複数の曲が書いてある場合はその中から1曲だけでよく、譜面も指定はありません。
ミッション番号対象曲名獲得条件
101-1Loveless5譜面クリア
101-2
Wanna Be Your Specialデフォ/3枚曲
Touch Of Goldデフォ
雨の音が虹を呼ぶデフォ
101-3
Freak With Meデフォ
雨の音が虹を呼ぶデフォ
101-4
Dirty MouthRP300
AnomieMAS6曲クリア
101-5
雨の音が虹を呼ぶデフォ
DIAMOND SKINデフォ
キミとMUSIC1譜面クリア
これ以外にも達成できる曲はあるのですが、条件が面倒になるか現時点で獲得できないかのどちらかなので無視して進めます。また、プレミアムチケット(プレチケ)の確保はお年玉キャンペーンの15枚、ショップ初回入場時の12枚、常設ミッションのクリアで確保します。

☆1. 獲得への第一歩
 最初に壁になるのがLovelessの獲得。手早く獲得するためには以下の5曲をやるといいでしょう。いずれも初期から出現済みで、全譜面アンロック済みの曲です。可能であればMASTER(MAS)譜面でクリアできると理想的ですが、難しいようなら難易度を下げましょう。なお、音ゲーに自信のある場合は※が後ろについている曲はわざとMAS以外の譜面でやってもよいでしょう(理由は記事内番号☆4参照)。
  • Wanna Be Your Special…※
  • 雨の音が虹を呼ぶ…※
  • Freak With Me
  • DIAMOND SKIN
  • Wasteland

順調にクリアすればこの時点でLoveless及び常設ミッション報酬でプレチケ8枚が手に入るはずです(MASでクリアしたならさらに最大で+8枚)。

☆2. 101-1に取り掛かる
 アンロックゲージがすでに満タンになっているかと思われます。そこでLovelessのアンロックチャレンジ(アンチャレ、ULC)を始めてください。MASで始めてクリアできれば後が楽になります。なお、ここでのアンチャレは1回曲をクリアしたら放置します。アンロック自体は中途半端になりますが、消費するプレチケの枚数を抑えるなら放置した方がいいです。

☆3. 101-2、101-3は軽めに
 Lovelessをクリアしたら、ミッションの消化を続けます。101-2と101-3はそれぞれ上の表のなかから好きな曲を1曲ずつプレーすればよいだけです。チケットの消費枚数上101-2はWanna Be Your Specialがお得ですね。ちなみに、ここではLoveless獲得時(記事内番号☆1の部分)にプレーしていない譜面を選ぶと常設ミッションが進んでプレチケをもらえるので、可能であれば異なる譜面をやりましょう。また、記事内番号4のためにULTIMATEオプション(ULT)がつけられそうならつけておくと後々楽になるでしょう。特に記事内番号☆1で※の曲をわざとMASでやっていない場合は、ここでMAS譜面をULTでクリアするといいです。「どの譜面をやったか忘れてしまった」という場合は一回落ち着きましょう。選曲画面でプレーしてあればスコアが残っていることは確認できるはずです。

☆4. 難関の101-4
 ここまではのらりくらりと難しい譜面はかわしていけるのですが、避けようがないのがここ。101-4をクリアするのに必要な曲はRank Point(RP)300以上かMAS譜面を6曲クリアかのどちらかを達成しなければなりません。考えられる可能性はいくつかあります。

  1. 記事内番号☆1を全部MAS譜面でクリア&記事内番号☆2でLovelessをMAS譜面でクリア
    すでにAnomieを獲得しているはずです。さらに記事内番号☆3で101-2、101-3の両方をMAS譜面でULTクリアしていれば、ほとんどの場合でアンロックゲージがたまっているはずですので、そのままAnomieのULC(譜面不問)を発動してさくっとクリアすればOK。アンロックゲージがたまっていない場合は適当な曲でゲージを稼ぎましょう(チケット消費3枚曲がオススメ)。
  2. 1を満たしてなく、かつMAS譜面を6曲クリアを目指す場合
    初期曲及びここまでに獲得している曲でMAS譜面がアンロック済みなのは記事内番号☆1の5曲のみです。記事内番号☆2のLovelessでMAS譜面をクリアしていない場合は必ず1曲以上は足りない計算になります。こうなった場合はすでに所持している曲からアンチャレでクリア→その後放置という記事内番号☆2のようなやり方をするのが一番楽でしょう。ちなみにULCにオススメなのはWhen You Call My Name、Touch Of Goldあたりです。
  3. 1を満たしてなく、かつRP300以上を目指す場合
    RPはギタドラのスキルシステムのようなものです。詳しいことは解説しているサイトの該当ページに丸投げ(緑wiki赤wiki)します。さて、このRPなのですが実は初期曲でアンロック済みの譜面だけだと理論上でも微妙に300に届きません。実際はもっと離れているはずです。基本的にRPは高難易度の曲を高い精度でクリアすれば伸びる代物ですので、正直これで101-4を突破するのはおすすめしません。もしどうしてもこれで突破するというのであれば、そこそこの難易度の譜面をアンロックしていくことになります。
☆5. 最後の101-5
 101-4を抜ければ後は消化試合ですが、一応エアリアル獲得のためにやるミッションとしては最後なので気を抜かないようにしましょう。上の表にある3曲から好きな曲を1つクリアしてください。一応ここまでに獲得条件を満たすキミとMUSICも入れましたが、全譜面ロック済みなので無視しても構いません。そして101-5をクリアすれば晴れてエアリアル獲得となります。お疲れ様でした。

 いかがだったでしょうか。正直かなり長くなってしまいましたが、これならクロスビーツ初心者でも(この長い文章を読む気力とミッションを進める気力やプレチケがあれば)エアリアルをすぐに獲得できるでしょう。現状のクロスビーツは曲数は多いのですが、曲の獲得機会が非常に限られているうえに救済がほとんどないので、曲を持っていなくて苦しむという展開がよく見られます。運営スタイルに問題があることはすぐに指摘できることではあるのですが、とりあえず現状での悲劇を少しでも減らせたらと思いこの記事を書きました。音ゲー初心者には厳しい道のりもある内容にはなってしまいましたが、この記事でエアリアルを獲得できたというのなら幸いです。

NAOKI氏のちょっと気になる発言について

 今日は軽めに。年末ということでいろいろな動きがありますが、そんな中クロビでの顔ともいえるNAOKI氏が2つほど気になる発言をしています。

☆クロスビーツのサントラが出るかも?
 そこそこ前の話になりますが、ある方に対してこんな反応をしております。「ゲームはやらない(or やれない)けどサントラはほしい」という話もちらほら聞きますし。サントラ要望自体は少なくない印象です。反応をまとめたtogetterもありますので、見てみると面白いかもしれませんね。個人的な話になりますとサントラはほしいですね。ただ、まとめ内にも指摘がある通り曲数が膨大+どんどん追加されていっているので単純なCD化というのは難しいかもしれませんね。

☆なぜか来年のJAEPOに言及する
 「JAEPOってなによ?」って話になるかもしれないので大雑把に説明すると、ACゲーの公開ショーというかなんというか、ACゲー版TGSみたいなものです。それにCAPCOMのブースがってのは割と普通ではあるのですが、それに対してなぜかNAOKI氏が発言しているということが気になるところです。クロビだなんて言ってはいませんが、何らかのACゲーに関して動いているような発言はここの所結構ありましたし、最近は「忙しい」系の発言が多いです。少なくとも彼がかかわる何らかのACゲーが動いているとみてよさそうです。

 とまあこんな感じで我々ユーザーから見えないところで何らかの動きがあるのかもしれませんね。いずれも確定だと明言はできませんが、どうせならうれしい情報に期待したいところです。

主にクロビtwitter界隈でよく使われる謎な単語の簡単な解説

15/6/20追記
増強改訂版が出ました。今から読むならこちらをお勧めします。


 先日、こんな話がtwitter上にありました。
実はすでに用語・俗語wikiがあったりクロスビーツブログでまとめがあったりするのですが、どちらもあまり更新されていないので「ここでちょっと簡単な説明でもして敷居の高さを少しでも減らせたら…」ということでざっくり説明します。なお、並べ替えるのが面倒なので順不同です。また、上記2つのサイトも参考にしております。

☆158.0
 everKrackのBPM。なぜかことあるごとに引き合いに出される数字。

☆GLAY(プレーヤー)
 G'sとも呼ばれる。非公式イベントにて結成されたとある4人のランカーによるグループ。スコアタイベのランキングでガチで1桁をとれる人たちが集まっているため、尋常じゃないスコア力を誇る。非公式イベ等でちょくちょく見かける存在。

☆GLAY / HISASHI / 楽しいね
 それぞれSuper、Cool、Fast2/Slow2及びFailの事を指す。GLAYは音ゲーでよく"一番いい判定ではないが、そこそこいい判定"の事をGreatと表現することが多いのでそこからの派生。HISASHIはCoolな男だから。楽しいねは非公式イベントのtwicas配信中にノリで決められたものである(弐寺のBPのような意味である)。

☆LE
 リンクエナジーの事。シェアソングをプレーするときに消費するアレ。主な獲得手段はログインボーナス・フレンドに自分のシェアソングをプレーしてもらう・イベントやミッションの報酬など。

☆μ's(プレーヤー)
 非公式イベントにて結成されたとある9人によるグループ。平均的なスコア力では前述のG'sには劣るが、それでも十分にイベント上位を狙える上にスコア以外の特技を持つプレーヤーもいる。こちらも非公式イベ等でちょくちょく見かける存在。

☆spt
 サポートポイントの事。曲とかスキンとかを交換するために使うアレ。主な獲得手段はログインボーナス・フレンドのアンロックチャレンジのサポート・イベントやミッションの報酬など。

☆ULC
 アンロックチャレンジ(アンチャレ)の事。鍵を開けるアレ。

☆YOSA
 Lovelessのアーティストの事…でもあるのだが、ローマ字で読むと「よさ」とも読めるため、良いなどの肯定的な意味で使われることもある。

☆オーイエ
 everKrackの歌詞(というか最初の掛け声?)が元。大体挨拶とか肯定とかの意味で使われる。

☆おはYO
 朝や起床時の挨拶。あるランカーのtwitterのbioにそう書いてあったのが元。一緒によく出される鳥のキャラはナネットさんという(詳細は用語俗語wikiへ)

☆覚醒ミラ
 きゃりーぱみゅぱみゅフェスティバルにて、スコアタイベントにもかかわらず63217520という明らかに不正なスコアを記録したプレーヤーの事。当然運営から制裁されることになるが、問題はそこから。そのインパクトがありすぎる数字からチートプレーヤーの事を指すようになり、異常に大きい数字の引き合いに出されるなど扱いが完全にネタ寄りに。ついには公式側までネタとして扱おうとした(没になったそうだが)。

☆クリス松村
 Crisscrosserの事。MIDSUMMER杯Sec1課題曲にして第8回ランセレ祭追加曲のNo.100な曲。

☆ゴモ
 元々はA×E×U×G -act.1-のMASをフルコンしたプレーヤーの事を指すが、今ではそれに準じて上手い人(≒ランカー)を指すことも多い。ちなみにゴモの由来がわからないという方も多いと思うが、ゴリラとホモを掛け合わせた単語である。世の中知らない方がいい知識もあるのだ。

☆トイレ
 Lovelessの事。曲中の声が「トイレの個室から聞こえる声(んああ…)」と表現されたことに由来。後日作曲者であるYOSA氏にこの発言が届くこととなり、前述の表現をした者が粛清されることとなった。

☆祭
 単に祭とのみ書いてある場合はランダムセレクト祭(ランセレ祭、ラ)を指す。アンチャレ祭の場合もあるが、こちらは祭と省略されることはあまりない。

☆ムオ
 元々はあるランカーがクロスビーツをプレー中に驚いて発した発言。感嘆詞的なものなのだが、そのよくわからない表現からその人へ「ムオってなんですか」と質問したところ「ムオはムオですね~」と返ってきたため意味不明な単語という扱いである。

☆目薬
 Z[i]の事。似たような名前の目薬があることから。

 今後もちょくちょく追加したり足していったりするかもしれません。また「この単語解説してほしい」というのがありましたらリクエストも受け付けております。まあ俺がわからない場合もありますが…。以下はこちらで調べても詳細がよくわからなかった単語です。情報募集中です。
  • 靴下
    ブレダン2ndの空耳らしい? 後で聞きこんできます。

復帰者向けの覚えておいた方がいい事とかのまとめ

 1周年記念キャンペーンということでクロビ界隈は盛り上がりつつあるのですが、ネトゲ的な部分もないとは言い切れないクロスビーツにおいて初心者入門系の記事はある(今度出るクロビまとめ本なんかもその一部)のですが復帰者向けの記事とかが見当たらないので、軽く作ってみました。

☆基本システムでの変更点
 復帰者といっても時期によってさまざまな違いがあると思いますが、とりあえずここ1年で変更があった部分のうち、基本的なゲームプレーにかかわる部分についてまとめます。
  • 通常チケットの回復時間が30分/1枚→20分/1枚に短縮
  • 1回のプレーに必要なチケットの量がSTD 5枚/HRD 6枚/MAS 7枚→譜面問わず5枚に減少
    またDAZZLING♡SEASONやNEXT FRONTIERにあったチケット枚数増加もなくなった
    さらに一部楽曲は"お試し曲"としてチケット3枚でプレー可能
  • デフォルト曲と常設ミッションにおける解禁曲がそれぞれ2曲追加されている
    なお、常設ミッションの方はどちらもRPによる解禁
  • ログインボーナスが変更、sptが獲得できるようになった代わりにプレチケの獲得枚数は減った
    内訳としてはLE300×4、プレチケ5×3→LE100、spt100、LE200、spt200、LE300、spt300、プレチケ5
  • 曲プレー中のリトライからプレーすると消費チケットの枚数が減る
    どの程度減るかは元々の消費枚数や曲の進行に応じて変動
  • フレンドがULCを行っているときにアプリ内で通知が行われるようになった

全体的に遊びやすくなっております。特にチケット周りは初期と比べるとログインボーナスを除いてかなり改善されてますね。完全無課金でそこそこ遊べるというには厳しいものがありますが、以前よりは財布にやさしいです。


☆プレーオプションの変更点

 そこそこ音ゲーに慣れ親しんだ人ならプレーオプションの大切さはよくわかっているかと思われますが、こちらにも若干変更点があります。

  • ARROW SPEEDとTIMING ADJUSTが選曲画面からも選べるように
  • HSが-2.0から+5.0に拡張、そのうえ0.5刻みで変更できるように
    変更方法もやりやすくなっており、タップで増加も減少も可能
    さらにポーズ画面中でも右下でHSの調整が可能
  • ゲージオプションとしてULTIMATE MODEが追加
    ほとんど増加しないのに大幅に減少する高難易度オプション、これをつけてクリアするとRPに1.2倍のボーナスがかかる

プレーオプションについては最新のものが公式の運営サイトで解説されているので、そちらも見るといいでしょう。一部オプションに関しては詳細も載っております。


☆曲獲得に関する変更点

 クロスビーツにおいて常にネックとされているのが曲獲得に関する話。こちらは残念ながらあまりよくなっているとは言えないのですが、一応挙げてみるとこんな感じです。なお、ランダムセレクト祭に関しては別枠で設けております。

  • 主な獲得手段はイベント報酬、ランダムセレクト祭、アンロックチャレンジ祭の3つ
    たまにミッションで獲得できるものもある
  • イベント報酬の場合は新曲が入手できる、条件はイベントの内容によりまちまち
    ルール等にもよるが、獲得が難しい曲については累積500万のスコアを稼げば獲得できることもある
  • 旧曲の獲得にはランセレ祭、アンチャレ祭、たまにあるミッションのどれか
    それぞれ難点は獲得できるかは運任せ、sptが必要なうえに曲が限られている、そもそもミッションが来ない、となる
  • アンチャレ祭での救済は3回以上の例が存在しないので、2回救済されたら後はランセレ祭のみとなる
  • 過去にあったシリアルコードによる曲獲得は存在しない
    ちなみに今までに発行されたシリアルコードは、現時点ではすべて無効になっている

基本的には獲得できるチャンスに獲得していくのが一番ですね。時期を逃さないように気を付けましょう。


☆ランセレ祭に関する変更点

 良くも悪くも話題になるランセレ祭。地味に変更点が多いです。

  • 第2回以降確率が大幅に上がっている
    上がったといってもユーザーの検証では0.5%とのこと、最近はもっと上がっているかもしれないが詳細は不明
  • 第2回にあった乱数パターンのようなことはできない
  • 目玉とされているランセレ祭でしか獲得できない曲(通称祭曲)は開催するごとに増えている
    第12回の時点で15曲存在する
  • ランセレ祭のULCが複数の種類に分割された
    青鍵(普通のと同じ)なら所持している曲のULC、緑鍵と黄鍵についてはこの下に
  • 緑鍵のULCが出た場合、そのULCでアンロックできれば曲を獲得、できなければジャケットピースのみ獲得して曲は獲得できないONE-CHANCEである
  • 黄鍵のULCが出た場合、そのULCが出た時点で曲を獲得できるNEW MUSICである
    この場合はアンロックしなくても曲が手に入る、また祭曲は必ずこれ
  • 緑鍵が出るか黄鍵が出るかは曲ごとに固定、またランセレ祭では獲得できない曲も存在する

特に注意したいのがULCに関する話。ゲーム内ヘルプだけでなく、公式の運営サイトでも紹介されているので確認するといいかもしれません。


ほかにもいろいろな変更点にぶち当たることがあるかもしれませんが、全体的には初期よりは遊びやすくなっていると思います。1周年記念で様々なものが追加されるかもしれないので、復帰を考えているのであればこの機会を逃さない方がいいでしょう。

記事検索
メッセージ