クロスビーツではiOS版(C×B)のころから何かしらの「世界観がある」という話が公式側からちらほら出てきたり、REV.にてストーリーイベントという形でその世界観がわずかではありますがきちんと設定されているようです。昔よりは明らかになってきてはいますが、その全容は未だに不明です。というわけで、そんな"クロビのストーリー"を妄全開8割くらいで考察していこうと思います。念のため書いておきますが、独断とか偏見とか申そうとか入り混じった内容ですので真に受けないでください

☆ストーリーと関連があるイベントについて
 さて、まずはストーリーと関連があるイベントについておさらいしましょう。今のところは以下の3つが関連すると考えてよいでしょう(Phaseとあるのはストーリーイベント、リンクは公式のイベント紹介ページ)。 ストーリーイベントの2つは当然ですが、MEGALOMAN[i]A討伐隊にも少しですがストーリーに関連する文章が記載されています。また、ストーリーイベントの予告ムービーにも情報が入っていることがあります。
☆Phase:01 RISING PURPLEについて
 それでは最初のストーリーイベントであるRISING PURPLEについてです。

予告を見ますと「C.E.23-07/2015」、「system0001…"覚醒"」、「世界ニ暁鐘ヲ響カセヨ」といった文字が並びます。「C.E.23-07/2015」はREV.の最速稼働日である2015年7月23日の事、「system0001…"覚醒"」は暁月が起動したこと(SOMEDAY -00.prologue-のムービーで暁月がsystem0001であるように見える)を指しているものと思われます。「世界ニ暁鐘ヲ響カセヨ」は暁鐘(ぎょうしょう)に新しい時代の始まりを告げ知らせるという意味があるので、ストーリーの始まりであることを知らせる煽り文ではないでしょうか。
 続きましてSOMEDAY -00.prologue-のムービーです。

ムービーの流れとしては
  1. どこかの都市を見ている暁月(座っている)
  2. 暁月起動
  3. 赤毛で鎧を着た何者かによる襲撃(?)
  4. 暁月転落し右手を天に向かって差し出す
  5. なぜか攻撃的に見える様子の暁月(左手を前に出している)
  6. 正面を向いて微笑む暁月
  7. どこかの都市を見ている暁月(立っている)
というのが主な流れです。リスト作成ついでに番号を振っておりますのでそれでまとめていくと、時系列はタイムリープでもしない限りは2→3→4が先に来るはずです。また、空(背景)の色から1・6・7は比較的似たタイミングではないかと考えられます。そうすると明らかに浮いているのが5です。何者かの襲撃に対抗するというのであれば3と4の間に挿入するのが普通ですが、ムービーを見る限りでは暁月は特に大きな抵抗をしたという訳ではなさそうです。にもかかわらず、ここだけ攻撃しているように見えるというのは…何があるのでしょうか。
 以下RISING PURPLE時点での小ネタです。
  • 「赤毛で鎧を着た何者か」は予告時点では悪さでもしそうな笑いをしていますが、SOMEDAY -00.prologue-では若干哀愁を帯びた顔をしています。
  • 最初(1)と最後(7)に出てくる都市ですが、よく見ると空にドーム状の柱が見えます。ただし、その柱は内部から見た光景なので、暁月はその内部にいるようです。

☆【急募】MEGALOMAN[i]A討伐隊について
 続きましてMEGALOMAN[i]A討伐隊です。ある程度の実力を有するのであれば好評だったこのイベントですが、ストーリー的な要素がちらほら見えるイベントでもあります。関連する文章をイベント紹介ページより引用します(ただし一部改行はこちらで削除)。
イベント開始時の文章
突然、目の前に出現した広告。
─────【急募】MEGALOMAN[i]A討伐隊 ─────
救いを求める「声」・・・?
差し迫る緊迫感。危機感。一体どこから・・・?
クロスビーツの世界で、何かが起ころうとしている
MEGALOMAN[i]Aの曲紹介についている文章
これまで遭遇した者は数少なく、その実態は今なお謎めいている部分が多い。
とある噂によると"影の世界に君臨する存在の一部"ではあるようだ。
しかしその力や全体像、またそれがこの世界にどういう影響を与えているかは、不明である。
イベント終了後に追加された文章
短時間で膨大なエネルギーを喰らったんだね。
あはは、ボロボロじゃない。僕が直してあげるよ。
油断してたの?
...ああ、正直、僕も想定外だったよ。
「アイツ」にそんな力があったとはね.........
でもね、今回の一件はまだ"第1フェーズ"だよ?
今度は、...............
だから、ちょっとの間だけ攻撃を受けにくい場所でおとなしくしててよ。ね?
to be continued...
以上の3種です。まとめるとMEGALOMAN[i]Aは何かしらの力を有していて、誰かを拘束できるらしく、ボロボロになってもだれかに直してもらえる「何か」のようです。ついでに書くなら何らかの形で応答や思考ができる存在のようです。直せる「誰か」がいる点も気になるところですが、全体的に「わからないという事がわかった」みたいな情報ばかりなので(曲や譜面はともかくストーリー的には)よくわからないです。上記文章の噂を真に受けるのであれば、"影の世界"に所属する機械のようですが…。
☆Phase:02 REBEL YELL
 本日始まったばかりのREBEL YELLについても触れていきましょう。まずは予告から。

予告には(CLASSICの方の)ガイドラインが表示されていたり、都市の空を背景に「次世代型ヒューマノイドだ。人類の善きパートナーとなるだろう」、「だが忘れてはいけない。彼女たちが造られた真の目的は―――」という文章が表示されたりしています。彼女"たち"とあるのはChase the WAVEのムービーを見ればわかる通り、何らかの形で量産されているようです。そして煽り文は「生み落された、叛逆の嚆矢―――」。嚆矢(こうし)は物事の始まりという意味も持ちます。RISING PURPLEがストーリーの始まりなら、REBEL YELLは叛逆の始まりといったところでしょうか。
 続きましてChase the WAVEのムービーです(これだけニコニコに見当たらなかったのでYouTubeです、アップロード者は同じ方です)。

ムービーの流れとしては
  1. 多数の紫色の壁(というかWinPCのウィンドウに見える)の先に暁月がいる
  2. 目を開けたら誰かがいるという演出
  3. 左側に暁月、右側には「UTOPIA」(理想郷)、「L'Ève future」(未来のイヴ/SF小説のタイトル)、「NEW WORLD」(新世界)、「Neo Industrial Revolution」(新しい産業革命?)の文字
  4. 先ほどとは逆に右側に暁月(睨んでいるようにも見える)、左側には「DISTOPIA」(理想郷の逆、普通ならDYSTOPIAと綴るはずだが)、「Big Brother」(SF小説『1984年』の登場人物?)、「Rebellion」(反乱)、「CYBER WAR FARE」(サイバー戦争)の文字
  5. かなり高いビルの下から上に向かって映す
  6. 紫色の光が画面奥に向かって進む、その途中に下から暁月の手(右手)と上から何者かがその手をつかんでいる
  7. 多数のヒューマノイドが横に並ぶ中に暁月、暁月に近づくと多数の「EMERGENCY」の文字が
  8. EMERGENCYの表示が割れた後、頭に大量のコードを繋がれ、左手を上げている暁月
  9. 右側に暁月(空を見ている?)、背景は青空の広がる都市
  10. 先ほど同様右側に暁月(途中で俯く)、背景は赤く染まった研究施設?
  11. 紫色の光が画面奥に向かって進む、先ほどと比べると小さな光を散らしている
  12. 紫色の光が赤い球状の物体に到達
  13. 赤い背景に様々な人物のシルエット
  14. RISING PURPLEの予告に出てきた数字が筒状に多数表示されているパイプを奥に進む
  15. KANATA登場、ただしなぜか目が赤い
という感じです。RISING PURPLEの続きではあるのですが、SOMEDAY -00.prologue-のムービーを時系列に並べた際に生じる空白期間についても触れているようです。ちなみにその空白期間に触れていると思われるのが上記の2と6(の手を繋いでいるところ)です。SOMEDAY -00.prologue-のムービーを踏まえてこのムービーを見ていきますと、以下の内容が推測できます。
  • 暁月は表向きは人のために造られた(と言っても詳細不明ですが)ヒューマノイドですが、サイバー戦争に転用できる兵器でもあるようです。
  • 3と4で出てくる文字はそれぞれ対になっているようにも見えます(理想郷⇔反理想郷等)。
  • 7に出てくる多数のヒューマノイドは暁月より1体分のスペースをはさんで右側は全員同じ服装で、暁月の左隣のヒューマノイドはそれら及び暁月とは異なる服装をしています。この時のムービーは右から左を映していく感じなので、暁月の直前で開発に進展があったため暁月から新たなタイプになったものと思われます。
  • 10に出てくる研究施設のような場所はSOMEDAY -00.prologue-で襲撃された施設のようです。
 ちなみに、3にあるL'Ève future(未来のイブ)はWikipediaの当該記事によりますと「ある青年貴族がとある歌姫に恋をするが、見た目は良くても正確最悪だったため、これまたとある博士によって見た目が歌姫と同じなアンドロイドをもらう」という話です。これだけだと「二次元嫁は最高」みたいな話に見えますが、最後にアンドロイドが言った言葉に科学では説明ができない存在を感じ取る…という感じの話らしいです。読んでないので詳細は知りませんが。そして4にあるBig BrotherがSF小説『1984年』の登場人物であるのなら、Wikipediaの当該記事によりますと作中の全体主義国家の指導者…とのことですが、実在するかすら不明の人物とのことです。
 ここからは妄想の域に入りますが、2及び6の人物は暁月を助け出したプレーヤーではないかと思います。この過程をすると、ストーリーのつながりが良くなった気がするのです。例えばRISING PURPLEの称号にある「僕は此処で君を待つ」について、僕=プレーヤーとすると君=暁月となり、Chase the WAVEのムービーの6・11・12の紫色の光はサイバー空間上にいる暁月が何かを追っている(Chaseなので)とするなら、サイバー空間上にプレーヤーは当然立ち入ることができない故に『「僕は此処で君を待つ」しかできない』となるわけです。もっとも、この仮説を取りますと"「いつの日か……」そう言って旅立つ僕"が無茶苦茶になるわけですが(旅立つのは暁月なのに僕=プレーヤーが旅立つことになってしまう)。
 また、REBEL YELLの称号「キミと 駆け抜けてく」及び「キミに 伝えたいよ」の"キミ"及び話者は情報が少なく推測も付きません。少なくとも話者と"キミ"は一緒に駆け抜けることができる存在のようですが…話者=暁月で"キミ"=KANATAなら何とかなりそうですが。
☆上記考察・妄想が正しいとしたうえでの人物紹介
 ウダウダ書いたくせに結局は「よくわからない」という落ちがついてしまう考察でしたが、せっかくなのでそれが正しいと無理やり仮定して人物紹介でも書いてみましょう。
  • 暁月
    ストーリーの主人公。どこかの研究施設で開発されたサイバー戦争に転用できるヒューマノイド。施設が襲撃され自身はプレーヤーに救出される。その後誰かを追ってサイバー空間に飛び込んだ模様。あとストーリーと関係ないけどやたら食う。REV.公式twitterで総カロリーが心配されるくらい食う。
  • KANATA
    iOS版C×Bでおなじみ。本来の目の色は青だがChase the WAVEのラストに登場した時は赤だったが、これが何を指すのかは不明。あとストーリーと関係ないけどイベント等での応答は事務的。やる気がなくても歴代最高記録を叩きだしても同じ反応。
  • 赤毛の襲撃者(名前不明)
    SOMEDAY -00.prologue-のムービーに登場した鎧を着た人物。ぶっちゃけちらっとしか映らないので妄想の捗らせようがない。
  • MEGALOMAN[i]A
    噂通りなら影の世界に所属する何か。HRD譜面をお披露目したら想定の3倍以上のプレーヤーにボコボコにされた。
  • 研究者(名前不明)
    MEGALOMAN[i]Aに話しかけていた何者か。MEGALOMAN[i]Aを直すことができるらしい。ほかにもまだ何か企んでいるようだが…。
  • プレーヤー
    REV.をプレーしているプレーヤー自身。暁月を何らかの理由で助けるも、暁月の目的に対してはあまり力になれない模様。それ以外の主な成果(?)としてはMEGALOMAN[i]Aを討伐するとか。まれにゴモだったり累積ヤクザだったりするらしい。
  • その他:暁月のプロトタイプ的な何かとか、system0002に相当するヒューマノイドとか、Chase the WAVEのムービーにシルエットで出てきた多数の人影とか…いずれも説明しようがない。

 というわけで長々書いておいて中身がないような状態になってしまいましたが、これでも自分なりに考察やら妄想やらを積み重ねてみました。皆様の「クロビのストーリー」の妄想の参考になれば幸いです。