2014年10月

勢いで見る累積イベの推移

本日更新のクロスビーツブログにて "累積速度" なる面白い指標が公開されていました。詳細はリンク先の記事に譲るとして、概要のみを引用します。
ところで、「今までの累積イベントの勢いを比較する術はなにかないだろうか」とふと思ったので、累積イベントごとのおおよその勢いを表す数値を作ってみました。

あまりいい名前が思いつかなかったので、一応仮の名前としてその数値を「累積速度」と呼ぶことにします。

算出方法は「(各イベントのセクションごとのボーダー)÷(各イベントのセクションごとの最効率曲と、2番めに効率がいい曲のシェアプレー理論値平均)」 

ここで言う「最効率曲」というのは、プレチケ1枚あたりで稼げる累積ポイントの比率が最も高いものを表します。
(上記記事より)
大雑把にどういう数値かといいますと、ボーダーの人のプレー回数を表す数値となっております。これに便乗して、当サイトでも何かいい指標が作れないかと思い2例ほど作成してみました。

 今回作成したデータは "1時間当たりのスコア量" "プレー量" の2種類です。なんかきちんとした名称を用いてもいいのかもしれませんが、面倒なのでこれで通します。前者は累積スコアをイベント時間で割ったもの、後者は累積スコアを「セクションごとの効率1位と2位の理論値平均の全セクション平均」で割ったものになります。後者の鉤括弧内について説明しますと、NBAコラボ2のsec1において、一番稼げるのはツカイステをシェアでプレーした75600点です。二番目に稼げるのは実はツカイステのシェアなしだったりします(50400点)。したがってsec1の理論値平均は63000点になります。同様に計算をするとsec2では64175点(内訳はツカイステシェアと鯵プロシェア)になります。この2つの平均は63588点、この数値が鉤括弧内の数値になります。
 事前説明が長くなってしまいましたが、とりあえず計算等を省いた基礎データを見ていただきましょう。TOGフェスとかもやってもよいのですが、現行の累積イベと形式が異なる部分もあるため検証に加えておりません。

イベント名sec1期間sec2期間sec1スコアsec2スコア1位1~10位 Me1000位
NBA2728063,00064,17540,386,05511,528,7781,540,970
June Bride8710651,25060,45036,827,80014,105,2582,733,840
MIDSUMMER8710665,55081,60033,040,39013,378,3433,045,330
ベビメタ8610673,82570,87526,244,05511,898,5533,200,535
ULTIMATE BEATS18610657,70070,87530,713,00013,356,6182,831,525

なお、Meは中央値(メジアン、計算は5位と6位の平均)の事です。今回は2つの数値について1位と1~10位の中央値、1000位(ボーダー)の3種類のデータを取ります。とる理由としてボーダーについては言わずもがなですが、1~10位Meは上位陣の勢い指標として、1位はやや特殊なデータとしてほしかったからです。それでは、勢いのデータを見てみましょう。

イベント名
合計時間
平均スコア
時間当たり平均スコアあたり
1位1~10位 Me1000位1位1~10位 Me1000位
NBA215263,588265698758471013863518124
June Bride19355,850190818730841416565925349
MIDSUMMER19373,575171194693181577944918241
ベビメタ19272,350136688619721666936316444
ULTIMATE BEATS119264,288159964695661474847820844

わかりやすいんだかわかりにくいんだか…。「時間当たり」の方が1時間あたりに稼いでいるスコア、「平均スコアあたり」の方がイベント期間中にプレーした回数になります(もちろん概算になりますが)。グラフ化もしてみましたので、併せてご覧ください。

累積勢い(時間当たり)
累積勢い(プレー回数)

このようにみると、1位のデータだけえらく吹っ飛んでますね…。June Bride杯からボーダーのプレー回数が跳ね上がっているのは、イベント新曲の影響及びNBA2からの累積イベにおけるインフレの結果でしょう。
 1時間当たりのスコア量についてはえらく低く出ている気もしますが、これは不眠不休での計算です。実際トップを走っている人も寝ます。なのでパッと見としてはやや不適当な印象がありますが、相対的にみると妥当です。逆にプレー量については、パッと見でもわかりやすくまずまずな指標だと思います。この結果を真に受けるなら、イベント期間中に50回ほど効率良くプレーすればボーダーは怖くないという計算になります。ただしこの50回というのはシェア ソングでのプレーが前提となっており、シェアソング抜きだと67回程度のプレーが必要になる計算です。プレチケ換算するなら単純計算で335枚なので、タダチケだけでは厳しいですがプレチケを少し使えばぐっと楽になりますね。
 指標として適当なのかは個人的には厳しい部分もあると考えておりますが、それなりの成果は出たのではと考えております。長々と書きましたが、これが皆様の今後の参考になればと思います。

ガチで1位を狙う人向けのULTIMATE BEATS 第1弾攻略法

 さて、現在開催されています公式累積イベント"ULTIMATE BEATS 第1弾"。腕が治っていればガチ走りしたいくらいの内容なのですが、さすがに腕の方を優先せざるを得ないということで前回同様走りません。そんなわけで、(一応)累積イベ1位の経験を複数回持つ身として今回の累積イベを「ガチで1位を狙う場合」どんな感じで進めていくかをざっくり書いていこうと思います。復帰できた時のために手の内をすべて明かすわけではありませんが、ガチな人の参考になればと思います。

☆基本的な戦術について
 2セクション制チームバトル形式ということで、セクション1約3日/セクション2約4日という割といつも通りの内容です。上位陣の動きが割といつも通りだと仮定すると、最終的にほしいスコアは2600万後半~2700万前半程度でしょうか。1日400万弱稼げばこの目標は達成可能でしょう。必要なプレチケは実力やシェア状況にもよりますが2000枚は必要です。3000枚あると余裕が出ますね。なお前後半で稼ぐペースですが、これはシェアにどの程度依存するかで扱いが変わります。シェアに依存する or 実力不足を感じるならセクション2、シェアに依存せず実力が十分ならセクション1で多めに走ります。

☆セクション1について
 シェアなしで一番稼げるのがYUKARI、シェアありならLovelessですので、それをひたすらまわします。LEセットを購入しまくってガンガン消費していくというのでなければYUKARIの比重はかなり高くなるでしょう。難点は、効率のいいこの2曲のスコアが安定して取りにくいということ。どちらかの攻略は必須と考えていいでしょう。攻略方法が思いつかないなら粘着してください。累積稼げますし。

☆セクション2について
 全曲シェアしてもらえると仮定するなら、最大高率なのはサバイバル、時点でGrand Arcです。前者はサビが結構難しく、後者はポロポロ落としがちな譜面です。セクション1同様この2曲のうちどちらかの攻略は必須です。スコアに関しては安定するとは思うのですが、いかんせん稼ぎにくいセクションではあります。LEをつぎ込むならこちらにつぎ込むのが正解な気がします。

 以上非常にざっくりとした解説ですが、参考になればと思います。これでも参考にならないという方のために最後のアドバイスです。「走れ」。

次回公式スコアタイベ時に非公式イベ複数開催?

 開催予告というかなんというか…。次回の公式のスコアタイベント時に非公式イベントを2つ同時に開催しようかと検討しております。割と確定の方向で話を進めております。その予告的なものがしたいということで、記事を書いております。
 一つは前回開催時に非常に好評だった「RP限定スコアタ」です。今回も前回同様RP1600未満部門・RP1600以上1800未満部門の2部門同時開催です。ルールもシンプルな前回と同じです(さすがに課題曲は変わりますが)。前回開催時は両部門ともに予想を上回るほどの方にご参加いただけたため、今回も開催することになりました。公式スコアタイベント公表後に正式なイベント案内及びスプレッドシートの作成をしますので、それまでお待ちください。
 もう一つは以前当サイトの記事としてちらっと取り上げたことのあるアレです。改めて説明すると長くなりそうなので、前の記事を読んだことを前提とします。あの後μ'sメンバーの方にご相談した結果、メンバー全員からご協力いただけるとの回答をいただきました。というわけで、μ'sの2ndライブ(?)決定です。イベント名は現在検討中です。何も情報を出さないのも変なので小出しにですが情報を。公式のスコアタと同時にやるのですから、スコアタ系イベントではあるのですがなんと全員協力型です。全員協力型の非公式イベというとINNOVATION BATTLEあたりを思い浮かべる人もいらっしゃると思うのですが、それとはちょっと異なる感じですね。これ以上はまだ伏せておきましょう。
 とまあこんな感じで非公式イベントも企画段階としては進行中ですので、お楽しみに。ついでといっては変ですが、第3回非公式リーグ戦に向けてのアンケートもまだまだ回答を受け付けております。こちらもご協力いただければと思います。

判定位置調整まとめシートのご案内

 公式・非公式問わずイベントで「これの判定位置これであってるのかなあ」ということはありませんか? 気軽に細かい判定調整ができるクロスビーツでは、これを行うことでやりやすくなることが多いのですが、収録曲はすでに100曲を超えており、いちいち覚えるのは大変ですしやってない曲なら判定をつかむのも大変。そこで、このたび「判定位置調整まとめシート」なるものを作成してみました。
 使い方ですが、まず「書き込み者データ」のシートに必要事項を記入します。その後「1~10」とかいう風に書いてあるシートを見ますと、ハンドルと曲名が記載されていると思います。ご自身のお名前のところに"その曲で判定位置をどのくらいに設定しているか"を絶対表記(例えば普段が-5msecで、ある曲では-8msecの時は-8と記入)でご記入ください。こうすることで、メモに代わりにもなりますし書き込んでくださった皆様の平均も算出いたします。詳細は上記リンクからご確認ください。
 現時点ではガールズポップ特集 第1弾までの収録曲112曲分のデータと、20名分の記述欄を設けております(ご希望があれば拡張する予定です)。現在テスト運用中ですので、不具合等が見つかるかもしれませんがご了承ください。簡単な説明になりましたが、ぜひご活用ください。

第3回 非公式リーグ戦に向けての事前アンケート

 参加人数に差こそあれど、第1回・第2回ともに好評だった非公式リーグ戦。その第3回大会を開催するにあたって、皆様のご意見をいただきたいと思い、事前アンケートを行わさせていただきます。アンケートはgoogleフォームにより作成しております。下記のURLにアクセスしていただき、答えるだけです。第2回の時にもアンケートは取ったのですが、今回のアンケートはあくまでも第3回のものになります。

https://docs.google.com/forms/d/1TwUkEDKapHwq-ydXYGcI0XrzS4gAcuEDSHUwPLCNX6I/viewform?usp=send_form

  • 参加時にアンケートへの回答を必須とはしませんがルールにかかわる内容もありますので、参加希望の方は是非ご回答ください
  • アンケート内容はほぼ必須回答となっておりますが、そこまでお時間はかからない内容だと思います
  • アンケートの内容を踏まえて第3回リーグ戦のルールを作成しようと思います
  • 現時点では第2回リーグ戦のルールに沿った内容で計画しておりますが、結果によって変わる場合がございます

皆様のご回答をお待ちしております。

記事検索
メッセージ