8月中旬以降に開催予定の第2回非公式リーグ戦に向けて、リーグ戦のルール改定を行います。

☆基本ルール
  • 原則6~8人によるリーグ戦。6名未満のリーグは特に問題ないが、開催に支障が出る場合を除いて8名超過のリーグは作成しない。
  • 選曲は運営が指定した課題曲の中から選曲。ただし相手の未所持曲は選択できず、1リーグ中に同一曲の選曲はできない。
  • ハンデとして、RP1500未満の参加者(以下プレーヤーとも)と対戦する際に、そのプレーヤーの最高クリアLv以下の曲を選曲しなくてはならない。この時に限り、すでに選曲したことのある曲を選んでもよい。
  • それぞれの試合では互いに課題曲を基本的に1曲ずつ選曲。それぞれの曲で勝敗をつけ、戦績に応じた勝ち点を付与、最終的に勝ち点の最も多いプレーヤーの優勝。

☆リーグ戦の流れ

  • はじめに運営が指定した課題曲1曲による予選を行う。原則一発勝負。この予選の結果を踏まえてリーグを作成する。また、RPが1500未満の参加希望者が多数いて、希望する場合は課題曲のスコアをある程度無視して特別リーグを作成する場合がある。
  • リーグ作成後、各リーグ内にはグループG・グループHという組み分けが用意される。ここで参加者はそのリーグ内のG・Hどちらかのグループに必ず所属する。
  • 前半戦は自分が所属するグループの全プレーヤーとの対戦を一斉に行う。グループ内の全プレーヤーに対応する選曲申請を行い、その後対戦、スコア申請、結果発表となる。
  • 後半戦は自分が所属しないグループの全プレーヤーとの対戦を一斉に行う。相手が異なるだけで内容は前半戦と同じ。
  • リーグ内1位が複数いる場合、そのすべてのプレーヤーが全員望むのであれば優勝決定戦を行う。課題曲は運営が1曲指定。
  • 以上の結果を踏まえて、各リーグごとに最終結果を発表する。

前後半戦参考図(6名リーグ・Pに注目した場合)

リーグ戦前後半制説明(P ver)

☆勝ち点の付与について
  • 勝ち方によって付与される勝ち点が変わる。引き分けは勝利にも敗北にもしない。なお、各勝負ごとにプレーヤーが相手よりも勝利数が多い場合をWin、少ない場合をLose、同数である場合をDrawとする。
  • Loseの場合はプレーヤーが勝った曲数にかかわらず勝ち点は+0。つまり加算なし。
  • Drawの場合はプレーヤーが勝った曲数にかかわらず勝ち点は+1。
  • Winの場合はプレーヤーが勝った曲数にかかわらず勝ち点は+3。

☆カードシステムについて

  • 各プレーヤーはリーグ戦中1戦のみ、2種類あるカードのうち1種のカードを使用してもよい。
  • 2種類あるカードとはWildカードとMasterカードである。
  • Wildカードを使用した場合、課題曲外からの選曲及びすでに選曲済みの曲を再度選曲することができる。ただし、課題曲外からの選曲で相手が未所持・ロック状態だった場合「選曲なし」として扱う。
  • Masterカードを使用した場合、その対戦のみ自選曲を2曲にできる。ただし、選曲制限は通常通りとなる。
  • 2種のカードをリーグ戦中に使用しなかった場合、ボーナスとして勝ち点+1を付与する。

☆緊急時の対応

  • 原則として本戦開始後はリーグ戦終了まで毎日開催する。
  • ただし、何らかの理由(個人的な理由で運営が困難になる・天災等で全体的な運営が難しい等)の場合は、大会の一時中断・途中終了などの処置をとる場合がある。運営はこの事態になった際に、可能な限り速やかに続行・中断の判断を公表するものとする。
  • リーグ戦期間中、1週間以上運営ブログの更新がなく、なおかつ運営のtwitter(@staat_)の更新等もない場合はその時点でその回のリーグ戦を強制終了する。
  • 参加者側でリーグ戦へ参加していたが、何らかの事情で途中で参加不能になってしまった場合、リタイアが可能。ただし、そうなってしまった場合可能な限り速やかに運営側に報告すること。
  • 参加者側で急に特定の日の参加が難しくなった場合、事前申告に限り選曲・スコア申請を受け付ける。その場合はいつの日に参加が困難なのかを必ず書くこと。また、スコア申請の場合では相手が選曲した課題曲のスコアは0点とする可能性がある。
  • なお、各種申請時にメールアドレス等が記載されていた場合、運営は情報保護のため確認を取らずに該当コメントを確認を取らずに消去することがある。
  • 対戦時にトラブルがあった場合、双方の合意があれば選曲等の変更を認める。

☆その他

  • 第2回以降、プレーヤーは全体に共有されたgoogleスプレッドシートを見ることができる環境を必須とする。可能であれば編集もできる環境が良い。
  • 第2回以降、可能であればtwitterアカウントを所持し、運営や他のプレーヤーと連絡が取りあえる状況にする環境を用意することを推奨する(緊急時の対応のため)。
  • 参加・選曲・スコア等の各種申請については各回の開催時に改めて提示する。
  • 公式のイベントと被った場合は開催時期を延期する場合がある。

以上


 文章が常体なせいか妙に堅苦しいですが、言っている内容は基本的に変わりがありません。第4版からの主な変更点は
  1. 前後半戦についての説明画像の追加(ルールをわかりやすくするため)
  2. EXTRA DUELの廃止(ルール簡略化のため)
  3. カードシステムの全容公開
  4. googleスプレッドシートを見られる環境の必須化、twitterアカウント所持の推奨(運営上の都合)
  5. 対戦時のトラブルがあった時の対応の追加(前回ちょくちょくあったので)
  6. 各種申請についてのルールから削除(柔軟に対応させるため)

となっております。ちなみに、現時点では参加申請をgoogleのフォームから行えるように準備しております。あと、前々から書いておりましたが、Loveless(MAS)は特に事情がない場合は必ず課題曲として入れる予定ですのでご了承ください。もうそろそろ参加申請の受付をしたいと考えておりますので、お待ちください。